【例文あり】出会い系で返信率高めて出会いに繋がる!メールテクニック

目的別で見る出会い探しのサムネ

出会い系で出会いに繋がらない人の共通点として、女性からメールをもらうコツを知らないということです。
出会い系で出会うにはまず出会い系内のメールで女性とコンタクトを取ることから始まります。

そのため出会い系ではメールテクニックを磨くことが出会いに繋がる唯一の方法だと言っても過言ではありません。

「出会い系で女性から返信がもらえない」「出会い系でなかなか出会えない…」

このような悩みを抱えた男性はメールテクニックのコツを知ることで悩みを解消することができます。

以降は、女性から返信率があがるメールテクニックについて紹介していきます。

出会える人と出会えない人の違いはファーストメールにある!出会える人の好印象を残せるメールテクニックについての詳細は以下の記事からご覧になれます。
目的別で見る出会い探しのサムネ 出会いたい人必見!女性に好印象残せる5つポイントでファーストメール攻略! 目的別で見る出会い探しのサムネ 【例文あり】これで出会える!女性から返信が来やすいファーストメールの送り方

ココから登録できるぞ!

 

料金 会員数 主な年齢層
男女登録無料(ポイント制) 累計2000万人(国内最大級) 20代前半〜30代前半

出会い系で返信がもらえるメールの書き方

出会い系でメールが返ってくるか返ってこないかで出会えるか出会えないか運命を左右すると言ってもいいでしょう。
それだけで出会い系で出会うにはメールの返信というのは重要になってきます。

出会い系での最初のメール(ファーストメール)の書き方

出会い系で気になる女性を見つけたらメールを送ります。それがファーストメールです。このファーストメールは最初の関門であり、ここを突破できないと次の返信はこないため、出会いに繋げられる可能性がゼロになります。

女性には毎日男性から大量のアピールメールが届くため、女性が返信したくなるような内容を書く必要があります。

以降では、ファーストメールで気をつける点を紹介していきます。

出会える人と出会えない人の違いはファーストメールにある!出会える人の好印象を残せるメールテクニックについての詳細は以下の記事からご覧になれます。
目的別で見る出会い探しのサムネ 出会いたい人必見!女性に好印象残せる5つポイントでファーストメール攻略! 目的別で見る出会い探しのサムネ 【例文あり】これで出会える!女性から返信が来やすいファーストメールの送り方

敬語を心がける

当たり前ですが、ファーストメールの段階からタメ口は完全にアウトです。最初から馴れ馴れしい男性に対して女性は不信感を感じてしまうので、返信が返ってくることはありません。
仲良くなってから相手からタメ口の提案があるまでこちらは敬語の文章を送るように心がけましょう

最初のメールでタメ口で来る男は軽率でヤリ目男性という印象がついてしまいます。最初はなるべく丁寧な敬語で「誠実さ・真面目さ」をアピールしましょう。

冒頭は「挨拶」を入れる

こちらから送るファーストメールですので、メールの冒頭には「挨拶」を入れるようにしましょう。

◯◯さん(相手のお名前)、初めまして。
◯◯さんメールさせて頂きます、□□です。

堅苦しいカッチカチのビジネス文書にする必要はなく、こう言った感じのシンプルな挨拶で問題ありません。

形だけの挨拶だとこの部分を抜かす男性は多いですが、女性は最低限のマナーを守れない男性に対して「不信感」を抱きます。

あくまで形だけですが、ここを入れるか入れないかで女性のあなたへの好感度が変わってきますので、入れていて損はありません。

メールを送った理由を書く

女性は毎日男性から大量のメールをもらいます。その中にはコピペの文章だったり、誰にでも送れるようなアピールメールが送られてくることも多いです。
そんな中、自分自身にメールを送った理由を書いてくれる男性には好感を抱きます。

プロフィールの◯◯が気になった。
プロフの写真が可愛かった。
趣味が同じor合いそう。

メールを送ってくれた理由が添えられたメールを見て悪い気をする女性はいないでしょう。
特に「趣味が同じor合いそう。」の場合、女性はかなり興味を持ってくれる可能性が高いです。

とにかくここでは女性に気になってるというのをアピールすることが重要です。無作為に送られたコピペメールではない、あなたが気になるからメールしました。という感じが相手に伝わればOKです。

読みやすい文章で長文はNG

読みにくい文章でダラダラと長文を送りつけるのはやってはいけません。だからといって短すぎるのもNGです。
長すぎず短すぎずのバランスのいいボリュームのメールを送りましょう。

読みにくい文章でダラダラと書き綴る男性に対して女性は話が通じなさそう…。」「付き合っても自己中な態度されそうなど悪い印象を与えてしまうため、女性からの返信が返ってこない可能性があります。

読み手のことを考えていない文章を送る男性は女性に「不信感」を抱かせてしまいます。

特に女性の場合は、付き合ったらどうなるかもメールのやり取りによって探っています。

そのため、相手のことを考えたメールの文章を送ることで出会いに繋げる可能性がかなり高くなります。

最後の一押し

文末に最後の一押しがあるかないかで、メールに賭ける「真剣度」が伝わります。

男性から大量のメールが届きます。その中で女性が返信するのは「真剣度」を感じるものです。最後の最後で「少しでも気になったらプロフィールみてください」などの一押しを書くか書かないかで「真剣度」の伝わり方が違います。

【プロフあり】ファーストメール作成の仕方

上記であげたファーストメールのコツを踏まえた上で実際にメール文を考えてみます。

まずは、実際の女性のプロフィールを見ながらメール文を考えてみます。

実際の女性のプロフィール

まずはプロフィールをじっくり見ることから始めます。メール文を考える材料になりますのでとても大切な作業です。

メール例文

プロフィールをじっくり見て、相手との共通点」「メールを送った動機になりそうなところを探したらそれをメール文に組み込みます。

ファーストメールの例文

これまで上げたコツを盛り込みました。

2回目以降(セカンドメール)の作成の仕方

最初のメールがファーストメールです。その次のメール以降がセカンドメールになります。

女性からの返信がない限りセカンドメールに以降することはできません。

セカンドメール以降もファーストメール同様、慎重にメールする必要があります。
実際に出会えるまでのメールのやり取りでは慎重で丁寧に行うように心がけてください。

ライバルに差がつくセカンドメールの作り方!出会える人はみんなやってるライバルに差がつくセカンドメールの詳細は以下の記事でご覧になれます。
目的別で見る出会い探しのサムネ ライバルに差がつくセカンドメール!出会い系でモテる7つのテクニック 目的別で見る出会い探しのサムネ 出会い系でのセカンドメールで最も注意すべき4つのポイント!

冒頭にメールの返信の「お礼」を

セカンドメールの最初の出だしは「お礼」から始めましょう。

「返信ありがとうございます!」
「忙しいところ丁寧な返信ありがとうございます。」

上記のように丁寧なお礼な文章をまず最初にもってきましょう。
ファーストメール時の挨拶同様、形だけのものですがあるのとないのでは印象が違いますのでちゃんとお礼を伝えるようにしましょう。

メールのボリュームは相手のマネを

ファーストメールでは長すぎず短すぎずのボリュームのメールを送るほうがいいとお伝えしました。
しかしセカンドメール以降では相手のメールボリュームに合わせるのが重要です。
同じボリュームにすることで、ミラーリング効果によりあなたに親近感を感じさせることができます。

またメールのボリューム以外にも、メールの返信タイミングも合わせることで親近感が増します。
相手が2時間置きにメールしてくるなら同じく返信も2時間置きにするなどするようにしましょう。
しかしあまりに遅い返信になると相手はあなたに対しあまり興味がないことが多いです。その場合切る選択肢も考えるべきです。

相手を褒める

セカンドメール以降では相手を褒めることを常に念頭に置きましょう。
褒めるポイントは、プロフィールの内容やメールの内容など相手の褒めれそうなところから褒めていきましょう。
わざとらしい褒め方は相手を怒らせてしまうため、わざとらしく褒めるのはやめましょう。

女性を褒めるポイントはプロフィールにもメールの返信文にも必ずどこかに隠れています。

「スタイルが良いなぁと思ってたらジム通われてたんですねー!」
「素敵なカフェですねー僕もこういうカフェ好きなのでもっと教えてほしいです♪」

褒められて嫌な気分になる人はいませんので、ぜひ褒めるポイントを見つけて褒めていきましょう。

最後は必ず質問で締める

ファーストメールと同じで質問はセカンドメールにも必ずいれましょう。
特にセカンドメール以降では、最後は必ず質問で締めるというのがポイントです。

締めに質問を入れることで、相手が返信しやすくなります。

「ジム通いされてるんですね。体を鍛えてる女性ってとても素敵ですね!ジムは会社の近くのを利用しているのですか?」
「◯◯さん(相手の女性)はおしゃれなお店知ってそうですね!△△ってカフェ知ってますかー?」

褒めつつ、質問していくと相手からの返信率が高くなります。

ココから登録できるぞ!

 

料金 会員数 主な年齢層
男女登録無料(ポイント制) 累計2000万人(国内最大級) 20代前半〜30代前半

コメントを残す