出会い系でのセカンドメールで最も注意すべき4つのポイント!

目的別で見る出会い探しのサムネ

出会い系においてセカンドメールとは、ファーストメールに返信してくれた相手に対して送る「次のメール」のことです。
出会い系では相手とメールのやり取りができるようになってようやく出会いに近づけることができます。

ファーストメールが済んだからといってセカンドメールで油断してはいけません。セカンドメールで失敗するとまたやり取りをする相手を探すところからのスタートになってしまいます。

ファーストメールで丁寧に対応しても、セカンドメールで浮かれて失敗してしまわないように注意が必要です。セカンドメール以降も丁寧でメールをすることで女性に好感を得られることができます。
出会い系では、相手の女性に好感を維持し続けることが出会いに繋げるための秘訣になってきます。ですので、セカンドメール以降も相手に常に気配りと配慮を持って接することが必要になってきます。

出会えない人はファーストメールで失敗している!出会える人がやってるファーストメールのやり取りの詳細について以下の記事にて説明しています。
目的別で見る出会い探しのサムネ 出会いたい人必見!女性に好印象残せる5つポイントでファーストメール攻略! 目的別で見る出会い探しのサムネ 【例文あり】これで出会える!女性から返信が来やすいファーストメールの送り方

ココから登録できるぞ!

 

料金 会員数 主な年齢層
男女登録無料(ポイント制) 累計2000万人(国内最大級) 20代前半〜30代前半

セカンドメールでも気を抜かない

出会い系では女性は毎日多くの男性からアピールメールが届きます。そのため、女性は興味が湧いた男性にしかメールを返信することはありません。
ファーストメールが届いということは、ライバルたちよりも興味をもってもらったということになります。しかしメールが届いた届いて舞い上がって「会いたい」など先走った返信をしてしまうとその相手との出会いに繋がることはなくなってしまいます。
ライバルたちを差し置いたといってもその後の対応を間違ってしまうと、相手からもう返信がこなくなるため注意が必要になります。

ですので、セカンドメールの返信が来た方といって安心せず、慎重にやり取りをするようにしましょう。

この時点では、相手の女性は数人の男性と並行してメールしていると考えられます。複数人と同時にやり取りすることで、最終的に1人に絞り込んでいきます。
そのため、他のライバルたちよりも抜きに出る必要があります。ライバルたちより抜きに出るためには魅力的に見えるメールを作り込んでいくことにあります。

ライバルに差がつくセカンドメール!出会える男が必ずやってるセカンドメールのコツについての詳細は以下の記事からご覧になれます。
目的別で見る出会い探しのサムネ ライバルに差がつくセカンドメール!出会い系でモテる7つのテクニック

セカンドメールで最も注意するべき点

女性は多くの男性からアピールメールが届いており、セカンドメールが届いたからといって安心するべきではありません。

セカンドメール以降では、女性に実際に会ってみたいと思わせるようにする必要があります。ただ、直接的に「会いたい」というのはNGですガツガツしたメールを送ってしまうことでそれ以降メールが返ってこない可能性があるます。

女性は実際数人の男性とやり取りをし、実際に「会う」男性を絞り込んでいます。女性は会う男性を選ぶ際に気にしているのがまずは「真面目で誠実な人間」、そして「退屈な人間」じゃないかを気にしています。

メールやりとりの中で実際にデートををしてもいい相手かどうか見極めています。そのため、セカンドメール以降では女性を退屈にさせないようにすることが大切になってきます。

セカンドメールでは特に以下の4つが注意ポイントになってきます。

  • 1.感謝を伝える
  • .必ず敬語を使おう
  • 3.質問の答えにコメント
  • 4.必ず質問を入れよう

以降では、セカンドメールを書く際に注意すべきポイントを説明していきます。

1.感謝を伝える

セカンドメールの冒頭には相手に感謝を伝える言葉を入れましょう。
まず、お礼の言葉を伝えることで、「誠実で真面目」な印象を与えることができます。出会いを意識した出会い系内でのやり取りで、最低限のマナーを守れない人は「不誠実で不真面目」な印象がつくためその後返信がこなくなる可能性があります。
形だけのお礼だだからと、省いたりせず丁寧にお礼を伝えるようにしましょう。

きちんと感謝を伝えて、誠実さや真面目な人物像を相手に植え付けていくようにしましょう。

2.必ず敬語を使おう

こちらも最低限のマナーですが、メール内で「敬語」を使いましょう。「1.感謝を伝える」と同じですが、最低限のマナーを守れないと「不誠実で不真面目」な印象が付いてしまうため返信が来なくなる可能性があります。
特に最初からタメ口な男性に対し、女性は「非常識で軽率な人間」だと判断してしまいます。最初から馴れ馴れしくタメ口を使うのはマイナスなことしかありませんので、敬語で通しましょう。

女性からタメ口を打診される以外は、こちらは敬語で通す方が賢明です。

3.質問の答えにコメント

ファーストメールで女性に質問をしている場合、その質問の返答が返ってきてる場合があります。その返答にセカンドメールで何かしらアクションするようにしてください。
女性に対する返答に対し返答をしない場合、女性の機嫌を損ねてしまう可能性があります。
ある程度仲良くなるまでは相手の返答に対してのコメントは欠かさず行うようにしましょう。
ここでスルーしてしまうと女性はあなたに対して私の話を無視した」「私と相性が合わなさそう」と感じてしまい、この後の返信が返って来ない可能性はあります。
女性は聞き上手の男性に好意を感じます。会えるまでは相手の話を聞く姿勢を崩さず、相手が何を言いたいかうまく汲み取っていく返信の仕方をするようにすると女性を喜ばせることができます。

女性にモテるのは聞き上手の男性!聞き上手になって女性にモテる方法の詳細について以下の記事でご覧になれます。
目的別で見る出会い探しのサムネ 聞き上手がモテる!非モテ男性が聞上手になるだけでモテるようになる方法

4.必ず質問を入れよう

メールの文章は必ず質問を1つは入れるようにしましょう。常識を疑われるような質問量はあまり好ましくありませんが、質問を投げかけるのはとても重要なことです。
質問するのがなぜ重要かというとまず、「相手のことが知りたい」と相手にわかってもらえます。相手も「本当に私に興味があってメールしてきてるんだ」と嬉しくなります。
中にはコピペしたような内容のメールが送られてくる中、自分自身に関する質問」というのは特別感が増し、悪いイメージを受ける女性はそうはいません。
それに質問することで、相手のことを知れること以外に、質問を掘り下げて話題展開をし女性を飽きさせないようにします。
そして第一に、質問するとで次のメールに相手が返信しやすくなるため質問は必ず入れるようにしましょう。

ココから登録できるぞ!

 

料金 会員数 主な年齢層
男女登録無料(ポイント制) 累計2000万人(国内最大級) 20代前半〜30代前半

コメントを残す