出会い系あるある!美人局と出くわさないように予防対策!

目的別で見る出会い探しのサムネ

出会い系や出会いアプリは家にいても出会いが探せる素敵なツールです。

そして、出会い系や出会いアプリを利用しているからこそ起きる被害もあります。

出会い系では3つの出会いの障害があります。

  • サクラ
  • キャッシュバッカー
  • 業者

サクラはサクラがいないサイトを選べば問題ありません。
キャッシュバッカーについてもキャッシュバッカーが稼げないサイトを選ぶことで被害を未然に防ぐことができます。

サクラやキャッシュバッカーの詳しい説明は以下をぜひご覧ください。
目的別で見る出会い探しのサムネ 実際に騙されたことあるオレ監修!サクラ・キャッシュバッカーの特徴まとめ

サクラやキャッシュバッカーはそれらがいないサイトを選べばほぼ問題ないのですが、業者はそうはいきません…。
どんな優良サイトやアプリでも業者すべてを削除することができません。

業者の特徴や手口を知ることで被害を未然に防ぐことができます。

今回はそんな出会いの障害である業者の中で「美人局」について被害に遭わないための方法を紹介していきます。

この記事では以下のことがわかります。

美人局被害を防ぐ方法

卑劣な美人局ぜひこの記事を読んで回避できるようになってくれ!

オレ

まず美人局なんて読む?

美人局(つつもたせ)と読みます。
びじんきょくと間違えないようにしてくださいね。

ネットで調べてみると、びじんきょくと読んでる人も多かったです。美人局(つつもたせ)です。覚えておきましょう。

美人局って何?

美人局とは、男女が共謀して、他の男性を騙すことを言います。
性関係をいいがかりに、女性側の彼氏や旦那を名乗る人物により、恐喝、暴行の末に金銭をゆすってくることをいいます。
数日後に、恐喝が始まる場合もあります。

美人局で脅される原因は?

主に以下の行動をした男性をターゲットにして恐喝してきます。

  • 未成年の少女と関係を持った。
  • 人妻と関係を持った。

すぐに警察に行ければ1番いいのですが、相手の女性が「未成年」「人妻」を名乗っている場合、自身に非があると感じてしまい通報できず、金銭のやり取りで解決してしまう場合が多いです。

どんな人が美人局の被害に遭うの?

被害者の多くは社会的地位のある男性が主です。年代でいうと20代よりも30代以上の男性が狙われます。

30歳以上の男性の多くは、結婚していたり、会社でも上の立場の人が多いでしょう。

そんな方々は、今の築き上げた地位を壊したくありません。ですのでお金を支払ってでもことを公にしたくないのです。
その心理を利用して美人局は脅してくるのです。

美人局に遭わないように予防対策が必要

上記のように美人局は卑劣な行為で相手からお金をゆするということがわかりましたね。

では実際に美人局に遭わないための予防対策をご紹介していきます。

すぐ会いたがる女性に要注意

まず、通常の女性は警戒心が高いためすぐ会おうとはしません。
すぐ会いたがる時点で「これは美人局か?」と疑ったほうがいいかもしれません。

  • メールをした日にすぐ会いたいとせがんでくる。
  • ファーストメールから「セフレになりたい」と割り切り関係に積極的。

とにかく積極的に会おうとします。そして自らセフレになりたいなど懇願してきます。

出会い系で確かに「割り切り関係」を求めてる女性はいますが、最初から露骨には言ってきません。

美味しい話には裏があります。気をつけてください。

個人情報は絶対教えない

住所や勤務先など知られると個人が特定されてしまう情報は一切教えないでください。
また、女性に会いに行く際には持っていかないでください。

  • 免許証、保険証、名刺など個人が特定できる物は持ち歩かない。(女性に会う場合のみ)

個人情報は美人局で脅す材料の一つです。女性と会うときは絶対に持っていかないでください。

大きなお金は持ち歩かない

女性に会いに行く際などに大金を持ち歩くのは危険です。

美人局に遭った場合に大金すべて奪われてしまう可能性が高いのと、「金を持ってるからもっと脅せる」と脅迫を助長させかねません。

未成年、人妻との関係は避ける

特に美人局は「未成年」「人妻」と性行為が遭った男性を狙います。後々他のトラブルにもなる可能性があるので未成年と人妻は避けましょう。

弱みに付け込んでくるのが美人局の手口です。自分自身に非があるような行動は禁物です。

コメントを残す